howto-user-metaslider

WordPress Plugin のMetaSliderはスライド画像を容易に設定できるプラグインです。複数の画像スライドショーを作成、管理できます。残念ながら動画スライドショーはできません。「MasterSlider」プラグインであれば、Youtubeなどの動画コンテンツの埋め込んだスライダーも作成できます。

MetaSliderの場合、表示設定時はPHPに直接埋め込んでもできますし、記事・固定ページへショートコードで入れ込むことも可能です。

続きを読む

GoogleCloudVisionAPIを試してみる

先日(3月19日)行われたGoogleCloudVision APIのハンズオンにてサンプルを作成。

フォルダにある画像をサムネイル表示し、対応するボタン押下でサーバ経由でGoogleCloudVision APIをコールしてくれます。

cloudvisionApi

参考URL

契約しているさくらレンタルスタンダードでは、base64コマンドが入っていなかったので、自サーバにて試してみました。

http://test.zamuu.net/googleCloudVision2016/

追記2016/11

2016/11月現在では、https://cloud.google.com/vision/?hl=ja にサンプル動作確認用のフォームがあります。

 

buddypress のユーザ登録承認・有効化する際のメール本文をカスタマイズする

wordpressのSNS向けプラグインであるbuddypressを運用していて、新たにユーザ登録された際、ユーザに自動的にActivateするためのメールが届くのですが、そのやり方を調査したので、以下メモしておきます。

参考にさせてもらったのは以下3つのサイト。

3つめの海外サイトが一番参考になりました。メール本文を変更したい場合は『bp_core_signup_send_validation_email_message』にfilterをかけます。


add_filter( 'bp_core_signup_send_validation_email_message', 'custom_buddypress_activation_message', 10, 3 );
function custom_buddypress_activation_message( $message, $user_id, $activate_url ) {
$user = get_userdata( $user_id );
$post = get_post([有効化]);
return "$user->user_login
$post->post_content
$activate_url
";
}

$post = get_post([有効化]); という部分は、buddypressの「設定」-「固定」にある、有効化させた際の固定ページのidを指定します。有効化した際の固定ページに記載した文章を入れ、これをメール本文として送付するよう修正しています。

 

オープンデータ活用・香川県三豊市と琴平町のゴミ情報・5374アプリ

2016/03/13(日)に『G7香川・高松情報通信大臣会合関連事業 オープンデータ活用セミナー』にて、 5374.jp のハンズオンがありました。

その一環として三豊市のゴミ無しアプリを作成し公開しました。元々はCode for kanazawaが作成したアプリだそうです。
モバイル対応しているので、各地域に広がって蔵たらいいですね。

Webアプリは以下 から閲覧できます。

三豊市5374アプリ(GitHub)

琴平町5374アプリ(GitHub)

 

wordpress「new-user-approve」プラグインの日本語化

wordpress のプラグイン new-user-approve (ver1.7.3)の日本語化をしましたのでpo/moファイルをこちらに置いておきます。

本プラグインは、新しいユーザ登録時に承認と管理機能をもつプラグインです。

翻訳ファイル:download1.0 - WordPressユーザ登録時の承認プラグインの日本語化ファイルです。

AndroidWearWatchFace アプリイベント

本日、高松で@adakodaさんによるAndriod Watch Face アプリの作成イベントが行われました。

@adakodaさんのサイトは以下でレッスン形式で記載してくれています。

参考URL : http://android-wear-watch-faces-lesson.blogspot.jp/
LESSON1-7 http://android-wear-watch-faces-lesson.blogspot.jp/2015/11/lesson-01.html

adbコマンドのPATHを通す
http://qiita.com/momotas210/items/3488956b8bab72d49498

https://io2015codelabs.appspot.com/codelabs/watchface#1
API18 タブレット側
API21 WearのWatchFace対応がAPI21から

androidhttpclient cannot be resolvedでコードエラー表示

Android Studio1.4の環境でAndroid 4.0.2向けにHTTPClientを利用しようとしたらタイトルのようなエラーとなったので調べてみました。

解決URL:

http://stackoverflow.com/questions/32153318/httpclient-wont-import-in-android-studio

Android Studioのプロジェクト – Gradle – build.gradle を開き、中のandroid{} セクションに以下1行を追加するとエラーが取れました。


<i></i><i><span style="font-weight: 400;">//gradle 環境の build.gradleに以下セクションを追加する。</span></i>

<i><span style="font-weight: 400;">android{</span></i>

<span style="font-weight: 400;">useLibrary </span><b>'org.apache.http.legacy'</b>

<b>}</b>

『輪締め』木車専門の藤下工芸へ見学

香川県観音寺市にある『木車専門・藤下工芸』さんの『輪締め』の見学にお誘いいただきましたので見てきました。迫力ある内容でした。

輪締めとは・・・

ちょうさ・太鼓台の土台部分の木車製作における最終工程です。
木車の周りに鉄をはめ、一気に水で冷やして木車に締めつけさせるのですが、鉄が木車についた瞬間高温の為着火・・・。この状態でハンマーでたたいて無理やりはめ込んでいきます。

はめ込んだ後は、水をかけ冷やし鉄を締めていきます。鉄の凝縮によって締まるんだそうです。