高松市は、平成23年10月1日~平成24年3月31日の期間で社会実験を開始しました。趣旨としては、地方・地方都市が抱える問題「人口減少・経済低迷」の対策案としての実験だそうです。

琴電バスの提供

巡回バスをそれまでの1時間に1,2本から20分に1本以上に本数を増やしています。また、賃料も70~100円とリーズナブルで、企業側からすると営業マンが車移動するよりもこちらの方が「リスクも少なく安全に移動できる」と感じるのではないでしょうか?
高松市内在住の方たちの経済波及効果もありますが、四国圏外からの観光客や、ビジネスマンにとっても大きな影響を与えてくれることを期待します。

続きを読む