構内IP電話のアプライアンスサーバ構築 – Asterisk+Free-PBX –

前回の「構内電話網(IP-PBX)を構築してAndroidで無料通話」に引き続き、Asterisk-Androidについてです。実は前回のの作業中にAsteriskNowというものを見つけていました。
AsteriskNowとは、構内IP-PBX構築や電話窓口での「音声自動応答(IVR)」、コールセンターなどで使用される「電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術(CTI)」を構築するアプライアンスサーバ向けのイメージファイルです。AsteriskNow1.5からは、OSがCentOSなので、Linuxユーザであれば抵抗なしで扱えそうです。
今回はVMware Player にAsteriskNowをインストールしたので備忘録です。

“構内IP電話のアプライアンスサーバ構築 – Asterisk+Free-PBX –” の続きを読む

オープンフォース(共催:日本Androidの会)Android勉強会

「第27回オープンフォース Android勉強会 in 愛媛」に講演も含め参加してきたのでレポートです。当初予定の主な内容は以下だったのですが、時間の都合上、ハンズオンのみ途中までの作業となり、次回に持ち越しとなりました。しかしながら、今回のイベントは工具でものづくりの時間があり、ものすごく楽しかったです。参会者は四国各地から集まって頂き、合計10名の参加となりました。会場は愛媛大学さんの一室をお借りして行われました。

“オープンフォース(共催:日本Androidの会)Android勉強会” の続きを読む

構内電話網(IP-PBX)を構築してAndroidで無料通話

AsteriskというOSSを使用して構内に電話網・交換機(IP-PBX)を構築して、建物内や各施設間の通話をIP電話にて行うことができます。今回はWi-Fi(無線LAN)を利用して、ソフトフォンX-LiteとAndroid(sipdroid)を使用して相互通話を出来るようにしました。

余談ですが、アメリカ限定でGoogleVoiceという公式アプリがサービス開始されているようです。Androidを使ってパケット上で音声・ビデオ電話をするといったようなもので、GoogleVoice同士であれば通話料がかからないというものです。通信業界にも価格破壊の波が押し寄せてきているんでしょうか。

構成イメージ

今回はAsteriskを使用しており、これはSIPサーバとしての機能もあるらしいので将来的には外線との連携がとれるよう設定する予定です。このような感じでネットワークを配置しています。
“構内電話網(IP-PBX)を構築してAndroidで無料通話” の続きを読む