C++メモリリークチェック – valgrind –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C++で開発した際、実行されるファイルのメモリリークはよくあります。今回紹介するのは、そのようなメモリリークチェックをしてくれるツール「valgrind」です。

機能一覧

  • メモリリーク
  • 初期化されていない値の使用
  • freeされた領域へのアクセス
  • mallocされた領域より後の領域へのアクセス
  • 不正なスタック領域へのアクセス
  • malloc/new/new []とfree/delete/delete []の対応の不一致
  • memcpyでsrcとdestの領域が被っている

サポートOS

LinuxやFreeBSDのOSをサポートしているそうです。

  • x86/Linux
  • AMD64/Linux
  • PPC32/Linux
  • PPC64/Linux
  • x86/Darwin (Mac OS X)
  • AMD64/Darwin (Mac OS X)

参考URL

valgrindの使い方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。