ウェブマーケティングの123

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

zamuuは約半年ほど前にGoogleオープンビジネスパートナーに参加しました。これまで「売上げUPの為のSEO対策」について備忘録として、ブログに数点記載しているのですが、よい機会なのでSEO対策だけでなく、SEM(ウェブマーケティング)の紹介をしたいと思います。

SEO対策(検索エンジン最適化)

ウェブサイト制作(ホームページ制作)において、制作されたページに集客する為にはSEO対策が欠かせません。SEO対策には外部要因・内部要因の2つがあります。

※ 当社zamuuでは主に内部要因を重視して、継続可能なランクUPを目指しています。

外部要因:掲示板等へのURL転記、相互リンク、アクセスHIT数等
内部要因:HTML構文適正化、CSS最適化等

SEM(検索エンジンマーケティング)

SEO対策が適切に施されたウェブサイトは、もちろん狙ったキーワードで上位表示されるようになります。しかし、競合他社も同じような対策を施してくれば、これは一時的なもので終わってしまうかもしれません。より、ニーズが高いユーザへのアピールをいち早く行えるようにしていく対策が必要となってきます。それがSEMです。
ウェブマーケティングを1から業者にお願いして行う事は、サイトを運営する人はもちろん、マーケティングコストが非常に高くなってしまいます。そこで、Google 提供のWebマーケティング関連のこれらツールを使ってWeb広告の効果UPを行いましょう。

※ 当社zamuuでは、これらGoogleのウェブマーケティングツールを使用してウェブマーケティングを行うことで、ターゲットをより絞り込んだ販売促進を行っています

  1. Google Analytics
  2. Google Insights
  3. Google Adwords

Google Analytics

過去のアクセス数、PV数等が解析可能。
キーワードによるアクセス、アクセス参照元等も解析可能。
地域・ユーザ層・ドメイン別に解析結果が表示可能。

Google Insights

キーワードの傾向が解析できる。例えば、”2010年「イチゴ」をキーワードに日本で検索された”ものを解析すると、検索される時期が2月~5月だとわかる。また山梨県が多く検索されていることも分かり、イチゴ卸業者や消費量が多い事が分かる。
イチゴ生産者がもしネット販売で楽天市場で通販するなら、最小限の半年契約で、12月頃から2ヵ月半は予約受付時期、2月からオープンとして行うとよい。

Google Adwords

商品販売の場合の広告をGoogle検索結果の上位に表示させるサービス。
「イチゴ」で検索されたら検索結果右に広告として表示させることで、アクセス数を上げ、コンバージョンのUPへと繋げる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す