【ECCUBE3プラグイン開発】画面エラーメッセージの変更や表示の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECCUBE3の画面エラーメッセージの定義ファイルは、
『src/Eccube/Resource/locale/message.ja.yml』 にて定義されています。

画面に表示するエラー内容や、メッセージ内容をここで定義追加しても大丈夫ですし、書き換えも可能です。
またプラグインで作成する場合は、
Plugin\[プラグイン名]\Resource\locale\message.ja.yml
を別途用意して再定義しましょう。

プラグイン側でのエラー設定の仕方

プラグインソース内でのエラーの設定方法はsetError()を使用します。

$app[‘eccube.service.cart’]->setError(‘cart.product.not.status’);

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。