PHP

PHPでIE8,9,10,11のユーザエージェントからバージョンを取得する

IEのユーザエージェントがIE8,9,10,11とそれぞれ変わってきているようで、数年前のサンプルコードではIEブラウザバージョンの判定がPHPでできなかったため、作成してみました。


function getIeUaVer(){
// UserAgetn を小文字に統一
$ua = strtolower($_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
// IE の場合、バージョンを取得
if (strstr($ua, 'trident') || strstr($ua, 'msie')) {
$ret = preg_match_all('/(msie|rv:?)\s?([\d\.]+)/', $ua, $arr, PREG_SET_ORDER);
if($ret != FALSE && count($arr) > 0){
if(is_array($arr[0]) && count($arr[0]) > 2){
return intval($arr[0][2]); // version
}
}
}
return FALSE;
}

<span style="line-height: 1.5;">

 

 

 

vTiger6をsakuraサーバstandardにインストールする(1)

顧客管理なので、個人情報を考慮するとレンタルサーバへの配置はお勧めしません。試験的にスタンダートへインストールした際の備忘メモです。

sakuraサーバの設定

先にサーバ側の環境を整えます。

  • 共有SSLを有効にする。
  • phpのバージョンを5.3にする。(※5.4、5.5はNG)
  • PHP.iniの設定をする。
    
    # ---------------------------------
    # vTiger6
    # ---------------------------------
    memory_limit = 256M
    error_reporting = E_WARNING & ~E_NOTICE
    log_errors=Off
    allow_call_time_pass_reference = On
    
    
  • ドキュメントルートにvtigercrmフォルダを作成する。
  • htaccess で強制的にHTTPSにする。vTigerのrewirte処理と競合するので、HTTPアクセス時にリダイレクトさせて回避しました。
    <Files ~ "^.(htaccess|htpasswd)$">
    deny from all
    </Files>
    #-----------------------------------------------
    # redirect fource
    #-----------------------------------------------
    RedirectMatch 301 http:.* http://yourhostname/
    
  • MysqlでDBを作成しておく。

vTiger6の取得

日本語版は、こちらから取得。

vtigercrmフォルダへ展開後、以下設定変更します。

wget https://github.com/vtigercrm-jp/vtigercrm-6.0.0-ja/archive/master.zip
unzip master.zip
mv vtigercrm-6.0.0-ja-master /var/www/html/vtigercrm
cd /var/www/html/vtigercrm/
chmod -R 755 *
chmod -R 777 includes test
chmod 777 config.inc.php tabdata.php parent_tabdata.php
chmod 777 cache cache/images/ cache/import/ storage/ user_privileges/ modules/ cron/modules/ logs/

 

https://yourhostname/vtigercrm/へアクセスします。chromeブラウザでは画面が真っ白になってしまうので、FireFoxかIE10でアクセスするとインストールウィザードが表示されます。

vTiger01

利用規約・ライセンス同意。

vTiger02

DB接続設定と、管理者アカウント作成。

vTiger03

確認画面。

vTiger04

業種カテゴリの選択。

vTiger05

インストール完了までに5分ほど待ちます。(処理に時間がかかるため、ブラウザ画面はT.Oとなりエラーとなります)

vTiger6をsakuraサーバstandardにインストールする(2) – PDF Makerの設定まで –

前回の続き。

CRMの設定『顧客企業マスタ・顧客担当者マスタ・商品マスタ』の登録

以下を参考に基本設定を行います。

  1. CRM設定 (ユーザ・顧客企業・顧客担当のインポート)
  2. CRM設定2 (価格台帳・製品・ワークフローの登録)
  3. 消費税の設定 (通貨・消費税の設定)

帳票の修正

各帳票系PDFの編集を「PDF Maker」で行います。モジュールマネージャから『PDF Maker Free版』をインストールします。

  1. PDF Maker Free [元記事]
  2. PDF Maker 日本語パックをインストールする。
  3. 「2.」の日本語パックは、画面のラベルを日本語対応するのみで、PDFエクスポート時の日本対応はこちらのMLを参考に、『$this->useAdobeCJK 』をtrueに変更します。
  4. PDFメーカーを組み込んだら、メニューに表示されます。表示画面から右上の『編集』ボタンを押すと編集モードの画面が表示されます。
    vTiger06vTiger07
  5. そのままですと、小数点以下の桁数が2桁表示されてしまいます。各帳票の[設定]タブを開き、小数点以下桁数を0(ゼロ)に、3桁区切りに「,」を設定します。
    vtiger09

WordPress3.5.1 の不具合?(includes/functions.php on line 658)

Warning: stripos() [function.stripos]: needle is not a string or an integer

WordPressを3.5から3.5.1 に変更したら、以下のような現象が発生するようになりました。
寄稿者で記事を投稿し、編集者(editor)または管理者(administrator)で『公開』しようとすると、警告が表示されます。

Warning: stripos() [function.stripos]: needle is not a string or an integer in /host/wordpress/wp-includes/functions.php on line 658

Warning: stripos() [function.stripos]: needle is not a string or an integer in /host/wordpress/wp-includes/functions.php on line 661

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /host/wordpress/wp-includes/functions.php:658) in /host/wordpress/wp-includes/pluggable.php on line 876

続きを読む

簡素な求人サイト構築その1 – jobberbase –

求人サイトについて調べていたので、備忘録です。jobberbaseというオープンソースパッケージがあります。こちらはジョブボードと呼ばれる比較的簡単な求人サイトパッケージです。画面層はsmartyで作成されているので、HTML,CSSが分かる方なら、デザイン修正は比較的簡単にできそうです。

続きを読む

さくらレンタルサーバにBasic認証画面付きCakePHP

CakePHPのBasic認証機能を、他サーバからさくらレンタルサーバに移行すると動かなくなってしまいました。こちらのURLが参考になったのでメモ記載です。

http://d.hatena.ne.jp/takeken/20101221/1292882801

widget_custom(ウィジェットカスタム) – wordpressプラグイン –

widget_custom(ウィジェットカスタム)リリースに際して

wordrepssプラグイン「ウィジェットカスタム」をリリースしました。第1弾のプラグインなので、まだまだ機能的に至らない部分があると思いますが、wordpressユーザがより使いやすくしていけたらと思っております。

widget customダウンロードページ

プラグインの機能説明

wordpress2.9.2では元々1つのサイドバーでカレンダー・RSS・ページ・新着情報等のウィジェットが管理できますが、プラグインを入れるとサイドバー を複数管理できるようになります。そして、この複数のサイドバーを好きなページに割り当てる事ができます。

続きを読む

xamppでバーチャルホスト – 複数ドメイン管理 –

xamppを使用して、動作確認されているPHP・PerlプログラマーやHTMLコーディナー・デザイナー向けに記載しておきます。

前回「PHP開発環境を簡単構築 -xamppインストール –」で、xampp環境構築手順を紹介しましたが、今回はそこから1歩踏み込んで複数ドメイン対応してみます。インストール直後の状態では「http://localhost」しか使えませんが、バーチャルホストを設定することで「http://sample1.jp」「http://sample2.jp」といった複数ドメインを同時に使えるようになります。

続きを読む

PHPの高速化モジュール – HIPHOP for PHP –

PHPの高速化はWEBアプリケーションを作成する上でよく課題にあがります。

高速処理のPHPフレームワークCodeIgniterや、高速開発のフレームワークCakaPHPがありますが、今回紹介するのはPHPソースをC++に変換する事で処理の高速化を図るものです。

HIPHOP for PHPというものらしいです。

PHPをC++に変換して高速化する技術をFacebookが公開したというものです。

上記リンク先を見るとこう記載されていました。

今後の展開が楽しみです。