オープンソースのETL


Twitterにて紹介されていたので、こちらに備忘録として記載します。

このようなパッケージは、簡単にサービス間の連携がとれる為、SOA(サービス指向アーキテクチャ)実現時にESB(エンタープライズ・サービス・バス)機能として使用されることがあります。

ETLとは・・・

ETL【Extract/Transform/Load】とは企業の基幹系システムなどに蓄積されたデータを抽出(extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に加工(transform)し、対象となるデータベースに書き出す(load)こと。

だそうです。

ESBパッケージ一覧

各メーカのESBパッケージ一覧はこちら[wiki-pedia]に掲載されています。

参考サイト:
IT用語 e-Words
technolog.jp

投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。