VMwareServerを手動でアンインストール(削除)する


以前使っていたPCで、VMwareを入れていたのですが「プログラムの一覧と削除」から、VMware自体が削除できなくなってしまいました。
「プログラムの一覧と削除」から削除しようとすると
『error 1316. a network error occurred while attempting to read from the file』
というメッセージが表示され、アンインストール失敗となります。

削除方法を模索していたところ、『VMware tool』の手動アンインストールについては手順がみつかりましたが、VMwareについての手動削除については見つけられませんでした。
今回は『インストーラをレジストリから手動で削除する方法』と『VMwareServerをレジストリから削除する方法』を参考に、VMware自体を手動で削除しました。
※レジストリをいじるので、以下を行って失敗した場合、OSが正常に動作しなくなる可能性があります。動作保障はできませんので、各自の責任で行ってください。

VMware削除

1.レジストリ削除

  1. こちらを参考にレジストリエディタを起動します。
  2. エディタ内のファイルフォルダを辿り、『HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\uninstall』まで移動
  3. DisplayName にVMware Serverを持つキーを探します。
  4. キーのフォルダ上で右クリックし、「エクスポート」を選択し、レジストリファイルとしてバックアップします。
  5. 対象のキーを削除します。uninstallキー毎削除しないでください。

上記手順で、以下3カ所もバックアップ後に削除します。

  • 『HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes\Installer\Products』のVMwareServerに関するキー
  • 『HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products』のVMwareServerに関するキー
  • 『HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\VMware』のVMwareServerに関するキー

2.プログラムファイル削除

『%ProgramFiles%\VMware\VMware Server』を削除します。

以上で手動削除完了です。

参考

VMware tool手動削除方法


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。