chromeで見覚えのない海外広告がでてくる


Chromeを使用しているのですが、本日より見覚えのない海外の広告がブラウザの下部に表示されるようになりました。
以下のような広告が3/29より、閲覧サイトの下部に表示されてました。

「ガンブラー等、ウィルス感染したのか」と思い調べましたが、特に気になる挿入タグやJavaScriptもなく。。。原因が分からずにいました。結果から言うと、私の入れていた拡張機能の「Bookmark Century」というプラグインが広告表示するようになっていたようです。

調査していくと、Google Chromeブラウザの拡張機能の中には、広告表示するプラグインがいくつかあるそうです。
拡張機能を全て無効にしたところ、海外広告がでなくなりました。


このプラグインを無効化したらでなくなりました。再度有効化すると、やはりサイト下部に広告表示されます。

現象がどうであれ、原因がウィルスやクラッキングでないと分かってよかったです。


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。