香川県で食用アーティチョークを育てる(2)


前回の『香川県で食用アーティチョークを育てる(1)』の続きです。収穫後の加工について書いていきます。

アーティチョークは、国内ではフランス料理・イタリア料理として利用されていますが、カジュアルなイタリア料理屋さんではあまり見かけない食材です。

花を剝く

収穫後、花の付け根部分(ガクのした)を切り取り、花びらを剝きます。花びらといっても結構固いので、包丁と軍手が必要でした・・・苦労しました。

2014-06-19 17.12.33

2014-06-19 17.12.05

その後、さらに緑の部分を剝いていきます。中の花(雄しべ?)部分も切り取ります。するとガク部分のみとなります。

当初の1/3以下の大きさになってしまいました。

2014-06-19 17.38.57

調理する

アーティチョークを白ワイン・白ワインビネガーと塩・コショウ、好きなハーブを入れます。

うちは去年作っておいた乾燥バジルと、ローレル2枚入れて、汁気がなくなるまで(25分くらい)蒸し煮にしました。
2014-06-19 17.51.092014-06-19 17.51.472014-06-19 17.51.26

その後、オリーブオイルをかけて出来上がり。

2014-06-19 15.28.44 2014-06-19 15.29.18

贅沢に『丸ごとアーティチョーク』でいただきました。パスタの具材としても、そのままワインと一緒に食べてもおいしく食べれます。

レシピ紹介

Naverにまとめサイトがありましたのでこちらに紹介しておきます。

【食べられる花】アーティチョークを使った料理レシピ集


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。