『輪締め』木車専門の藤下工芸へ見学


香川県観音寺市にある『木車専門・藤下工芸』さんの『輪締め』の見学にお誘いいただきましたので見てきました。迫力ある内容でした。

輪締めとは・・・

ちょうさ・太鼓台の土台部分の木車製作における最終工程です。
木車の周りに鉄をはめ、一気に水で冷やして木車に締めつけさせるのですが、鉄が木車についた瞬間高温の為着火・・・。この状態でハンマーでたたいて無理やりはめ込んでいきます。

はめ込んだ後は、水をかけ冷やし鉄を締めていきます。鉄の凝縮によって締まるんだそうです。

 


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に香川県三豊市へ移住。フリーランスSEとして活動をはじめる。とある機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習も務める。2022年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2022年4月:2児(4歳・1歳)の父。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です