Webストレージを仮想ドライブ化する – GLADINET –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MSNではSkydrive 25Gbyteが無料で提供されています。それをいちいちブラウザ起動して、ファイル取得してとか、ファイルUPしてという作業が手間でほとんど使用していませんでいた。
ふと、同期できないかと検索したらGLADINETというツールを見つけたので紹介します。ネットブックとかで、HDD容量があまりない人にはいいかもしれません。

参考させていただいたURLはこちらこちらです。

インストール

1.こちらからGLADINETを取得します。32-bitを選んでください。

2.インストーラを起動します。全てそのままで「次へ」を選択していきます。

inst1

「Agree」を選択し次へ。

inst2

設定はそのまま「次へ」。

inst3

inst4

「Close」ボタン押下でGLADINETを起動します。

※起動する前に・・・GLADINETはポート80を使用するようなので、SkypeやApache、IIS等をローカルPCで使用している人は競合して接続できない場合があります、その場合これらを終了させてから起動してください。

inst5

インストールは以上です。

設定

今回はMSNのSkydriveに接続します、無償で25Gbyte提供してくれるのは大変助かります。

※あらかじめ、MSNのアカウント(hotmail)を取得しておいてください

1.「MountCloudStorage」を選択します。

set1

2.「WindowsLiveSkydrive」を選択します。

set2

3.hotmailのメールアドレスとパスワードを記載します。

set3

4.「完了」ボタンを押下します。

set4

5.インストール中にライセンス同意画面がでるので「OK」とします。

set5

6.エクスプローラが開いて、ネットワークドライブ(Y:)にSkydriveが割り当てられました。

set6

以上で設定は終了です。

ローカルHDDと同期するDropBOXのサービスとは少し違い、ネットブックでSSD使用するような方にはバックアップ用としてもいいのでは?と思います。また、WebDrive のようにFTPサーバがWebDavへネットワークドライブを設定するだけでなく、GoogleDoc,SkyDriveへも接続できるのがいいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。