xamppでバーチャルホスト – 複数ドメイン管理 –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

xamppを使用して、動作確認されているPHP・PerlプログラマーやHTMLコーディナー・デザイナー向けに記載しておきます。

前回「PHP開発環境を簡単構築 -xamppインストール –」で、xampp環境構築手順を紹介しましたが、今回はそこから1歩踏み込んで複数ドメイン対応してみます。インストール直後の状態では「http://localhost」しか使えませんが、バーチャルホストを設定することで「http://sample1.jp」「http://sample2.jp」といった複数ドメインを同時に使えるようになります。

xamppインストール

xamppインストールはこちらを参照してください。

WEBドキュメントフォルダ作成

以下パスのようにフォルダを作成します。
「C:/xampplite/htdocs/sample1」
「C:/xampplite/htdocs/sample2」
また表示確認用に、上記フォルダ内にindex.htmlを作成しておきます。index.htmlの中身は適当でかまいません。

httpd-vhosts.conf編集

バーチャルホスト用の設定ファイルを編集します。設定ファイルは「C:\xampplite\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf」になります。httpd-vhosts.confに以下のように編集します。

#
# Virtual Hosts
#
# If you want to maintain multiple domains/hostnames on your
# machine you can setup VirtualHost containers for them. Most configurations
# use only name-based virtual hosts so the server doesn't need to worry about
# IP addresses. This is indicated by the asterisks in the directives below.
#
# Please see the documentation at
# <URL:http://httpd.apache.org/docs/2.2/vhosts/>
# for further details before you try to setup virtual hosts.
#
# You may use the command line option '-S' to verify your virtual host
# configuration.

#
# Use name-based virtual hosting.
#

NameVirtualHost *:80
<VirtualHost *:80>
ServerAdmin postmaster@localhost
DocumentRoot "C:/xampplite/htdocs"
ServerName localhost:80
ErrorLog "logs/error.log"
CustomLog "logs/access.log" combined
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
ServerAdmin your-mail@blog.zamuu.net
DocumentRoot "C:/xampplite/htdocs/sample1"
ServerName sample1.net
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
ServerAdmin your-mail@blog.zamuu.net
DocumentRoot "C:/xampplite/htdocs/sample2"
ServerName sample2.net
</VirtualHost>

hostsファイル編集

Windows環境のhostsファイルの設定を行います。hostsファイルは「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts」にあります。

# Copyright (c) 1993-1999 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a '#' symbol.
#
# For example:
#
# 102.54.94.97 rhino.acme.com # source server
# 38.25.63.10 x.acme.com # x client host

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 sample1.net sample2.net # ここを追加

xamppとブラウザ再起動

各ファイル編集が終了したら、xamppのapacheを再起動し、ブラウザも再機動します。
その後、ブラウザより「http://sample1.net」へアクセスします。
「WEBドキュメントフォルダ作成」で作成したindex.htmlが表示されれば動作確認完了です。

以上で設定は終了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。