AndroidWearWatchFace アプリイベント

本日、高松で@adakodaさんによるAndriod Watch Face アプリの作成イベントが行われました。

@adakodaさんのサイトは以下でレッスン形式で記載してくれています。

参考URL : http://android-wear-watch-faces-lesson.blogspot.jp/
LESSON1-7 http://android-wear-watch-faces-lesson.blogspot.jp/2015/11/lesson-01.html

adbコマンドのPATHを通す
http://qiita.com/momotas210/items/3488956b8bab72d49498

https://io2015codelabs.appspot.com/codelabs/watchface#1
API18 タブレット側
API21 WearのWatchFace対応がAPI21から

androidhttpclient cannot be resolvedでコードエラー表示

Android Studio1.4の環境でAndroid 4.0.2向けにHTTPClientを利用しようとしたらタイトルのようなエラーとなったので調べてみました。

解決URL:

http://stackoverflow.com/questions/32153318/httpclient-wont-import-in-android-studio

Android Studioのプロジェクト – Gradle – build.gradle を開き、中のandroid{} セクションに以下1行を追加するとエラーが取れました。


<i></i><i><span style="font-weight: 400;">//gradle 環境の build.gradleに以下セクションを追加する。</span></i>

<i><span style="font-weight: 400;">android{</span></i>

<span style="font-weight: 400;">useLibrary </span><b>'org.apache.http.legacy'</b>

<b>}</b>

『輪締め』木車専門の藤下工芸へ見学

香川県観音寺市にある『木車専門・藤下工芸』さんの『輪締め』の見学にお誘いいただきましたので見てきました。迫力ある内容でした。

輪締めとは・・・

ちょうさ・太鼓台の土台部分の木車製作における最終工程です。
木車の周りに鉄をはめ、一気に水で冷やして木車に締めつけさせるのですが、鉄が木車についた瞬間高温の為着火・・・。この状態でハンマーでたたいて無理やりはめ込んでいきます。

はめ込んだ後は、水をかけ冷やし鉄を締めていきます。鉄の凝縮によって締まるんだそうです。

 

みとよ商工祭り&三豊マーケット

2015年10月18日にマリンウェーブにて、三豊商工祭り(商工会出展)とみとよマーケット(市内企業展示会)が開催されました。

弊社は企業PR枠で展示させてもらいました。特に営利・案件受注を第一目的としていませんでした。

展示理由は以下。

続きを読む

四国お遍路2015 ~ JAWS-UG

2010/10/10に愛媛大学にて、JAWS-UG主体の四国お遍路2015に参加してきました。

ソニックガーデン代表取締役 倉貫さんのセッション

ソニックガーデンはITホールディングスのTIS社内ベンチャーから独立した会社です。
代表の倉貫さんは『納品のない受託開発』スタイルについて本を出版しています。リモートワークプレイスを実現するためのチャット(Remotty)を開発し、以下のような経営スタイルで実現しにくかったリモートチームワークを実現。また、エンジニア+経営ITコンサルの経験を持ち合わせた『顧問プログラマー』というビジネススタイルを確率しています。

続きを読む

学校非常勤講師

今年4月より、短期大学非常勤講師として週1~2日ほど学生へ技術指導することになりました。
プログラム言語の基礎はもちろんですが、システム要件・設計と試験の必要性・品質評価するための定量的な指標をこの8月までに指導。後期10月からは具体的なプログラム製造と合わせてつつ、製造時のコーディング規約など技術的な面を指導していきます。

Android Studio起動エラー(日本語ユーザ名で起動しない)

Android Studio起動時に、以下のようなエラーが毎回出てします回避策を記載してくれていたサイトをリンクしておきます。

隠しフォルダになっている『C:/Users/[ユーザ名]/』 配下にある .android と .AndroidStudioというフォルダ、それと、『C:/Users/[ユーザ名]/AppData\Local\Temp』にある関連フォルダを削除して、インストールしなおすと解決したそうなので、同じように再インストールを実施。

続きを読む