Ruby on Rails インストール


スケジュール管理にRedmineをインストールしようと思い、まずRubyOnRailsの環境を構築する事にしました。参考にしたURLはこちらになります。Redmineのインストール記録は後日(Ruby on Rails でredmine)記載しておきます。

Ruby初心者の私にとっては「mongrel」と聞きなれないものがあったので、調べてみました。こちらに簡単な解説が載ってます。

[環境] CentOS5.1

[手順]

1.以下PKGをRPMでインストールする。

yum -y install ruby rdoc ruby-devel
yum -y install mysql mysql-server
2.rubygemsを取得し、インストールする。

cd /usr/local/src
wget http://rubyforge.org/frs/download.php/45905/rubygems-1.3.1.tgz
tar -xvf  rubygems-1.3.1.tgz
cd rubygems-1.3.1
<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/ruby">ruby</a> setup.rb

または、リポジトリを拡張して、yum コマンドでもインストールできます。

yum install rubygems

yum のインストールの場合は、『/usr/bin/ruby』に展開されています。

3.mongrel/railsのインストール。railsはこちら記載のようにバージョンを合わせる必要があります。

gem install mongrel
gem install rails

railsとバージョンが合わない場合、以下のようなメッセージが表示されます。
その場合は、こちらからrubygemの適切なバージョンをダウンロードし、上記『2』の手順でソースからセットアップします。

ERROR:  Error installing rails:
        i18n requires RubyGems version >= 1.3.5

railsのインストールは時間がかかるので、『フリーズした!?』と思わず、待ちましょう。

インストール後は、
gem list
でインストールされたことを確認します。

以上。


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

「Ruby on Rails インストール」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。