三豊市ロボコン2011レポート – 小中学生 –


8/21(日)に国立香川高専詫間キャンパスで、「三豊市ロボットコンテスト2011」が開催されました。参加資格者は、小学生~中学生で皆それぞれのロボットを持ち寄って、課題をクリアしていました。制限時間がある中の競技となっているので、時間内にどれだけの障害物を倒し、得点を稼げるかという所に注目が集まりました。同伴された親御さんたちも熱い声援を送り、大人・子供互いに楽しめるイベントでした。

主催

三豊市少年少女発明クラブ

主な内容

  • チャレンジコンテスト(ハイブリッドカーレース)
  • ロボットコンテスト

「チャレンジコンテスト」は、自家発電モーターとゴムを利用した自動車の走行距離を競います。こちらは、組立が大変なので大人子供一緒になって数か月前から作成していたようです。

「ロボットコンテスト」は、通常クラス(リモート制御)とハイレベルクラス(自動制御)があります。ハイレベルクラスはCでのプログラム実装、もしくはGUIツールを使用した実装になります。

GUIによる制作

会場の様子

三豊市ロボコン2011 リモート制御の部

三豊市ロボコン2011 自動制御の部

三豊市ロボコン2011 自動制御の部02


投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に香川県三豊市へ移住。フリーランスSEとして活動をはじめる。とある機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習も務める。2022年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2022年4月:2児(4歳・1歳)の父。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。