【失敗作業記録】Ruby 2.0.0とrailsのインストール


以下作業履歴として残しますが、Railsインストールまでいかなかったので結局はRuby1.9で構築しました。rails環境構築に挑戦する方はrbenvというものがよいらしいですよ。

RoRの環境を構築したかったのですが、以前の記事が古く、ruby1.8以前だったので2.0で再度行ってみた作業を備忘録として記載。


以下からRuby2.0.0を取得し、展開。

cd /usr/local/src
wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p0.tar.gz
tar -xvof ruby-2.0.0-p0.tar.gz
cd ruby-2.0.0-p0

ここから備忘録

./configure
make
makeinstall
ruby -v 
> ruby 1.8.7

先に入っていたRuby1.8.7があったのでyum erase ruby でアンインストール後、再度投入。
今度は、「no such file to load — openssl (LoadError) 」でエラー。

yum install openssl openssl-devel

で、OpenSSLをインストール。

それでも「no such file to load — openssl (LoadError) 」opensslが見つからないと怒られる。
ruby-2.0.0-p0/ext/openssl にそれらしいのがあったのでmakeしてみる。

cd ext/openssl
./configure
make
make install

2度めの挑戦でも同じエラー。。。
ruby-2.0.0-p0 ディレクト直下に戻ってconfigure 時に opensslディレクトリを指定してみる。

cd ../..
./configure  --with-openssl-dir=/usr/lib
make
make install

今度はうまくいったようだ。
ruby1.9辺りから rubygem はrubyに含まれているようで、そのままgemコマンドでrailsをインストールする。

gem install rails

最後にリスト表示して確認。

gem list 

投稿者: cova

ザムウ取締役CTO。2010年に大阪から香川へ移住しフリーランスSEとして活動をはじめる。領域としてWeb系から組込み系+サーバ構築。中小企業基盤整備機構にて中小企業の経営支援と、小学校にてICT講習を務める。2021年現在、子育て支援NPO理事、短大専任講師を兼任する。 【主な資格】経営学修士(MBA)修了、国家試験応用情報技術者、国内初の夫婦ITコーディネーター。 その他、2021年4月:2児(3歳・0歳)の父に就任。 #赤ちゃんから学ぶ経営学 を配信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。