NPO法人向けに『Google Apps for Nonprofits(無料グループウェア)』を導入してみる

先日教育機関へGoogleApps for Educationを導入すると言う事で、記事を書かせてもらいました。

今度は、NPO法人向けにある『GoogleApps for Nonprofits

Google Apps for Nonprofitsとは

非営利団体や公益法人へGoogle社がグループウェアやクラウドドライブサービスの提供をしてくれます。

以下、Google for Nonprofitsより抜粋

非営利団体向けプログラムでは、非営利団体向けに Google のツール(Gmail、Google カレンダー、Google ドライブ、Google Ad Grants、非営利団体向け YouTube など)を無料で提供しています。新しい資金提供者やボランティアを募ったり、作業の効率を高めたり、非営利団体の理念や活動内容を伝えたりするために、これらのツールを活用してください。

Google for Nonprofitsを利用するには、NPO法人の登記と実態の活動実績が必要です。それと以下団体への登録が前提となります。

  • Techsoup Japan (NPO・公益法人向けにMicrosoftやAdobeが支援してくれる団体)
  • NPO広場(Techsoupと連携してNPO法人の登録管理している団体)

Google for Nonprofits の利用資格として、TechsoupJapanで取得できる確認トークンが必要になります。

  1. TechsoupJapanへの登録手続きとして登記謄本が必要になります。
  2. TechsoupJapanに法人登録後は、過去の事業収入・支出を記入、窓口担当者・事務員数など組織の詳細構成や活動実績を記載していきます。
  3. その後、GoogleApps for Nonprofitsを利用申請できます。

先に独自ドメインでメール運用していないとスムーズにいかない

通常は上記3つの手順でうまくいくようです。今回は以下理由でスムーズに手順が進みませんでした。

  • メールが元々のISPからもらっているデフォルトのアドレス(xxxx@tikixx.ocn.ne.jp)しかなかった。
  • 独自ドメインによるWebはあるが、メールサーバは管理していない。(WebはAmebaOwndを利用していた)。

状態としては、GoogleApps for nonprofits申込み時はGmail(@gmail.com)による登録が必要でした。このアカウントがGoogleAppsの管理者となるようです。

次に、WebサイトのドメインでGoogleアカウントを作成する必要がありますが、上記記載の通りメールアカウント・サーバは管理していない為、Googleアカウント作成時のメールによる認証が出来ない状態でした。

『さて・・・どうしよう。』という事で、sakuraのメールサーバを一時的に利用することにしました。『一時的』と記載したのは、Appsへの設定が終わったらこのWebで使用しているドメインのMXレコードはGmailへ移行するので必要がなくなる為です。

さくらドメイン+AmebaOwndをさくらメールサーバ、さくらドメイン+AmebaOwndに変更する手順

いろいろ勉強になりましたが・・・。これはなかなかわからなかった。

次に、Webのドメイン設定についてですが、こちらはsakuraドメインにて管理しており、wwwをサブドメインとしてCNAMEにてエイリアスをAmebaOwndへ向けています。
さくらで取ったドメインで独自ドメインを利用する ← こちらを参考にすると「さくらドメイン+AmebaOwnd」の設定の解説が記載されています。)

“NPO法人向けに『Google Apps for Nonprofits(無料グループウェア)』を導入してみる” の続きを読む

Google for Educationと Nonprofits -NPO・教育機関を支援-

NPO活動や、教育機関にはこういった取り組みはありがたいです。Googleが提供する無料グループウェア・ツールについて紹介します。

https://www.techsoupjapan.org/

Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラム 7月10日 日本上陸!

 

Google for education

教育機関向けは、事前に自身(学校・教育機関)のドメインを保持している(自身のホームページhttp://gakkou.com/など)を持っていて、ドメインの管理画面にアクセスできる必要があります。Google for education 登録後ドメインの確認で認証されるためです。

その為、申込者はシステム担当者が適切で、なおかつその人がGmailアカウント登録をする必要があります。

gapp_for_edu
Google for education(Google Apps)申込み画面

ドメインによる認証は、ドメインに公開しているドメイン(http://www.gakkkou.com でなく、 http://gakkkou.com)の公開フォルダがある場合は、index.html や index.htm にmetaタグを入れるか認証用htmlを置くことで認証されます。

また、ドメイン自体公開フォルダを持たない場合は、ドメイン管理画面にてTXTレコードやCNAMEの設定で認証することができます。

gapp_for_edu03
ドメイン認証画面

 

ドメイン認証についてのヘルプ画面
ドメイン認証についてのヘルプ画面

フリーウェアの顧客・販売・在庫管理ERP – vtiger –

先日紹介したsugarCRMやsalesforce.comの対抗としてvtigerというものがあるそうなので、今回はこちらのCRMを備忘録として記載します。ほぼERPといったも良いようなものですが、まだ日本語化が進んでいないようです。
“フリーウェアの顧客・販売・在庫管理ERP – vtiger –” の続きを読む

sugarCRMとGoogleカレンダー連携のiCalPatch配布

弊社ブログで紹介していた「sugarCRMとGoogleカレンダー(ical形式)連携」の為のiCalPatch修正版です。iCalPatch ver0.8.2を元に修正しています。動作確認は「sugarCRM バージョン 5.2.0j (ビルド 5804)日本語エディション」で行っています。

[パッチ元ソース]
iCalPatch配布サイト
iCalPatch ver0.8.2
“sugarCRMとGoogleカレンダー連携のiCalPatch配布” の続きを読む

sugarCRMとGoogleカレンダー(ical形式)連携

sugarCRMで登録された予定を自分のGoogleカレンダー(ical形式)と連携させることができます。連携には「sugarCRMからGoogleカレンダーへの反映」と「GoogleカレンダーからsugarCRMへの反映」がありますが今回は前者の方法です。

前回の記事ではsugarCRMのインストール手順とデモ環境、Android連携をご紹介しました。ところが実際使用する際に「Android端末を持っていない人向けにはどうしたらいいの?」といった課題がでてきます。今回は、別記事にて紹介したmobicalとうまく連携できればと思い、sugarCRM-mobical-Googleカレンダーといった連携を想定して掲載しました。
これでsugarCRMを使用している企業はAndroid端末+DOCOMO(iモード)+AU(Win)+SoftBank携帯でスケジュール管理を一括で管理できます。
“sugarCRMとGoogleカレンダー(ical形式)連携” の続きを読む

無料でできる顧客管理+グループウェア+Android連携 – sugarCRM –

社内グループウェア(主にスケジュール管理)と顧客管理(CRM)と受注書・請求書・納品書といった文書管理(SCM)が欲しいと思ったのでオープンソースで調べていたらsugarCRMというものがありました。
“無料でできる顧客管理+グループウェア+Android連携 – sugarCRM –” の続きを読む